Google+

2008年08月

円満退職

今日、30年間お世話になった会社を円満退職した。20代半ばに木材業界に入り右も左も分からない私をここまで育てて貰ったことに先代の社長、社長、常務に感謝しなければならない。お世話になった会社に今度は恩を返さなければならないという気持ちでいっぱいである。

また、いろんな人達と出会えたことも私にとっては、宝物である。商売について教えてもらった社長、人生観について話を聞かせてもらった社長いろんな方々の話が思い出される。この頃つくづく思う事だが、人間けっして1人では生きていけない。

まわりの人達からお世話になり、手助けしてもらいながら生かされているんだなと思う今日この頃である。明日からは自分との戦い1日、1日大事に悔いのないようにしなければならない。あまり肩に力をいれないで!

中学校の同期会・パート2

中学校の同期会には、恩師の3人の先生が出席された。数学の金谷先生、社会、歴史の太田先生、そして国語の梅田先生である。この先生方のスピーチも印象深いものであった。金谷先生は85歳になられてなお卓球、そして週2〜3回は華道を教えて毎日充実した生活をしているという。

太田先生は能代の歴史のことをいろいろ調べて勉強しパソコンにもチャレンジしまた無農薬の野菜作りをしてお仲間におすそ分けしているという。

また梅田先生は、郡市の球技大会でもう一歩のところで全県大会に行けなかったことが今でも悔やまれるとまた修学旅行の思い出として函館山に昼と夜2回登ったのは一中だけだったのではないかというスピーチを聞きながら走馬灯のように修学旅行時代が思い出された。

3人の恩師のスピーチを聞きながら今なお積極的にチャレンジして行動している姿を見て頼もしく思え恩師からパワーを頂いた。また5年後元気な姿で合える日を楽しみにしています。今回の同期会に関して事務局の方々本当にご苦労されたと思います。
お疲れさまでした。



中学校の同期会

8月15日中学校の同期会が行われた。5年ごとに行われている同期会だが5年前は、仕事の都合(出張)の為出席できなかった。そういうわけで10年ぶりに県外の友人達に会う事が出来た。

久しぶりに会う友人、受付を終えて会場に入ったら同期達が壇上で車座になって近況話に花を咲かせていた。おうー久しぶり元気だが、息子がだなんぼなった。握手をし肩をたたきあい再会できて嬉しいという気持ちのあらわれが男女皆に出ていた。

しかし同期会というのは、本当にいいものだ。クラスは違えどどこか気が合っていた友人。名刺交換すると彼は三井住友銀行の副所長まで昇りつめていた。2次会に一緒に行こうと思ったが2次会はクラスごと別々という事で彼とはじっくり話しをすることは出来なかった。

翌日、彼に電話をしたら毎年お盆には帰省しているから今度は、一席設けてじっくり話をしようということになった。また、東京に来るときがあったら必ず電話するようにとも言ってくれた。嬉しいことである。


                           中学校の同機会後に続く

次男の帰省

お盆休みで次男が3ヵ月ぶりに帰省するというので駅に妻と迎えに行った。たった3ヵ月ぶりだが高校生の思いでは、何もなかった。長髪に無精へげ少しは、さわやかに小奇麗にすればいいのにと思いつつふと自分の若かりしことを思い出した。次男には強い事を言えないなと思いつつ若い日は二度と戻って来ない青春を思う存分楽しんでほしいと思った。

能代のお祭り(七夕)だ。

IMG_0327 昨日は、役七夕を見に行って来た。自分では、あまりお祭りは好きなほうではないと思うのだが、この時期になると心がうきうきしてくるのはやはりお祭り好きという事か。今年は、二つの七夕が運行されやや寂しい感じはあったものの子ども達、若者達の一所懸命の姿をみてこちらもパワーを貰った。
今日は、鯱流し。そして9月初めにはおなごりフェステバルと続く!