Google+

2009年04月

パソコン机が出来たぁー。

パソコン机が出来た。IMG_0204bIMG_0206b












天板はオイル仕上げ、ウレタンの半艶仕上げもいいがオイル仕上げは自然な艶が出て好きだ。チギリもいいアクセントになっている。足も中々goodじゃありませんか。そしてほんのりと香る秋田杉の香りがたまりません。やはり無垢はいいなぁー。気持ちが落ち着くんですよ。えっそう思っているのは私だけぜひ皆さんも体感してください。きっと感じるはずです。当店では素材品だけでなく加工も承っております。よろしくです。

値札付け作業終了

ようやく倉庫にある製品の値札付け作業が終了した。一点づつ値札と製品番号と確認しての作業なので結構時間がかかった。これで私がいない時でもお客様と商談できるのではないだろうかと思っている。今度は素材品(天板)を2枚程加工して置こうかなと思っている。素材品だけを置いても加工したものがどの様になるのかお客様がイメージがわかないからである。そう思ったのもお客さんとの会話の中からヒントを得たのである。吉になるか分からないがまずはやってみないと始まらない。IMG_0155






値札を付けた製品。

秋田弁の言葉は短い

いつも何気なく話をしている方言(秋田弁)だがテレビをみてふと感じたことがある。標準語(東京弁)から比べると秋田弁が実に言葉が短いのである。たとえばご飯を食べるよ=飯(めし)くど。相手にたいしていっぱい食べなさい=いっぺけえ。そうですね=んだぁ。今日は寒いですね=今日さびぃ。等まだいっぱいあるがこのぐらいにしておこう。昔先輩から秋田は冬になると雪がたくさん積もって寒いから口数が少なくなったという話を聞かされたことがある。そう言われればなるほど冬の寒い時等はあまり長話はしたくない。昔の人は冬の間あまり外に出ず家で過ごしていたのかなぁー。今日はここまで続きは次回に・・・・。

値札作業

倉庫にある製品をいろんな人に見ていただけるように値札を付けることにしました。ただいま値札作業真最中です。 やっているうちにふと思ったことがあります。それはネットショッピングもやっているのでネット価格と値札価格の確認作業が大変みたいです。(じつは妻が悪戦奮闘中です。)値札を貼ることによって私がいない時でもお客様と商談できますからね何でも一生懸命やっているとお客様に伝わるものがあると確信しています。材木屋さんって女性の営業マンっていませんよね!IMG_0151






パソコンの前にある値札
椅子には妻が座っているのですが写真はノーということで・・・・・。

秋田の桜はまだ蕾です。

関東方面の桜は散ったらしいですが秋田の桜はまだ蕾です。満開になるのは今月の下旬頃かな待ち遠しい。桜が咲いたときもとても綺麗だが私は桜が散り始めてくる桜吹雪が好きです。なにか哀愁を漂わせるところが好きなんです。俺ってもしかしてロマンチスト自分でそう思うのもおかしいですよね!
ところで今日は在庫にしてあった天然秋田杉建具材の注文が入り全部売れた。売れたのは嬉しいのですがちょっと困ったことがありましてというのは5月の連休に横浜のお客様が天然秋田杉の建具材を見に来ることになっているのですが在庫がなくなったので困っています。木材市場の市日は終わったばっかりだしメーカーさんには無いようだしお客様に合せる顔がない。何とかしなければ・・・・。

カリフォルニアからのお客様

ここ2日、3日どたばたしていた。今月初め東京の知人から電話が入りカリフォルニアの人が大館に行くのでついでに秋田の木材も見たいという話であった。詳しく話を聞くとカリフォルニアではペットに秋田犬を飼っている人が結構いるらしいそこで米国のペットショップのオーナーがいつかは老犬になって亡くなる秋田犬の骨を入れる骨壷の材料(秋田杉)をオーダーしたいという話であった。ペットショップのオーナーからの文面の一部・愛犬の故郷の香りがする材料で骨壷を作ったら愛犬を亡くして悲しんでいる飼い主の心に灯をもたらし、悲しみを癒してくれる効果があるかと思っています。そしてカリフォルニアでは秋田犬を飼っている人達が集まって秋田を愛する会があるという話を聞いてびっくりした。やはり世界は広いと思った。

9日、当店に来店材料を見ていただいた。いろいろ写真を撮っていた。こちらからはサンプルを渡した。おみやげを買いたいということで藤長(お土産さん)へ秋田犬の木彫りの置物、そして秋田杉扇子の置物(中央には秋田犬の透かし彫り)これだけ秋田犬を可愛がっているんだなと感じた。
その後、金勇、崇徳小学校へ特に金勇には非常に興味を示していた。

今回は非常にいい経験をさせていただいた。オーダーを頂けるかどうか分からないがどんなお客様も大事にしなくてはならないと思っている。

IMG_0129a





来店したリンダさんと通訳をお願いした柳谷さん

ホームページへ入荷製品の更新

先日、市場から仕入れた製品をカメラで写しホームページへの更新がようやく今朝出来た。前はもっと速く出来たような気がするが年には勝てないなと思う。今回の製品は巾が30僉50兪宛紊僚田杉厚板を仕入れた。ベンチ、テレビボード、カウンター、棚板などに向いた製品である。しかし市場の状況が悪い特に和室に使われる製品の動きが良くない。今の経済状況ではしょうがないか。しょうがないではすまないのだが・・・・。ピンチの裏にチャンスがあるのだが。チャンスが何なのか成功するまで最後の最後まであきらめずに努力しなくてはならない!

北海道のお客様

先月、中旬北海道のお客様からお問い合わせを頂いた。ちょうどその日私は、お客さん回りをしており事務所に戻ったらすぐお客様に電話をしてということであった。電話をかけたら奥様が出られ実は私も能代の中川原出身でホームページを見て住所を見たらびっくりしてとても懐かしい気持ちになったということであった。帰省した時にはぜひ会社に寄って下さいという話をした。今回は秋田杉の座卓、座卓の足に使用する厚板2点をお買い上げ頂いた。この後にも机、椅子の素材品を購入の予定というメールをご主人様から頂いた。ご主人様は日曜大工が好きらしくご主人様が製作されるとのことどんな座卓になるのか楽しみです。

IMG_0645IMG_0657お買い上げ頂いた秋田杉厚板