昨日は香川県の柿平様のオーダーテーブルが出来上がりました。重厚かつ繊細な杢目が出ている一枚板です。節も良いアクセントになっています。この幅になるには何百年の時が経っているのですがいろんな時代を見てきたのでしょうね。人間の平均寿命80歳、そしてこの一枚板の幅80cm位になるまで人間の平均寿命の倍から3倍かかります。たかが一枚板と言う方もいらっしゃいますがされど一枚板ロマンを感じます。今国産材がどんどん少なくなっている状況を考えますと無節であろうが節付きであろうがどの材に関しても貴重な一枚板です。さて今朝は朝早くから岡山県の中内様からのご注文秋田杉一枚板にサウンドペーパーを掛けオイル塗装を塗布しました。所で昨日、貨物屋さんに荷物を持っていったら今度個人宅配の荷物は3辺1300舒幣紊漏特亙の営業所止めになりますって言われました。っていう事はお客様が営業所に荷物を取りに行かなければ行けないという事・・・事前に話もなく突然そういう話をされても・・・当店としては突然の事で困惑しています。早急に他の貨物屋さんを探さなければと思っています。今ユーザーの皆さんは無垢の一枚板を欲しがっている方が非常に多いんですがねぇ〜。時代の流れをいち早くキャッチすれば良いビジネスが出来ると思うのですが。何か楽な方、楽な方へ・・・・。
※柿平様のオーダーテーブルと脚(テーブル件座卓の脚)・脚は黒いパッチが付いている方を上にします。
DSC03775

DSC03779

岡山県の中内様からのご注文秋田杉の一枚板・オイル塗装の塗布の順序です。
‥携弔300#のサウンドペーパーでひたすら仕上げます。
DSC03780

△修慮綺E戮400#のペーパーで手仕上げして行きます。
DSC03782

仕上げ終了後、乾いたタオルで細かいクズを拭き取ります。
DSC03785

い修靴討い茲い茱イル塗装を塗布します。綺麗なウエスでムラにならない様塗布して行きます。
DSC03786
DSC03787